タイ料理を食べに行った時は、3語で大丈夫!

タイの食事に使うタイ語、3語のタイ語だけでもなんとかなりますが、追加で12語を覚えると、さらに快適にレストランが利用できます。

今回はタイ料理のレストランで利用する合計15語を紹介しますね。

それでは、お店に入った時から、使う順番にタイ語を紹介していきます。

① oooください    oooコォー

「oooください」という意味のタイ語ですので、oooに、頼む単語を入れると良いだけですので、とても使いやすいタイ語です。

メニュー ください   コォー メニュー

こんな感じで使います

例)

 ください   コー ナーム

コーラ ください  コー コーク

ビール ください   コー ビア

氷(こおり) ください   コー ナムケン

ご飯(白米) ください   コー カオスワイ

もち米   ください    コー カオニャオ

メニューを見て注文するときも、指差して使います。

② これ  ニー

使い方は、メニューの注文するする所を指差して、「ニー」と言えば、「これ」くださいみたいになりますので、注文時にメニューが読めないときや、料理名のタイ語が通じにくい時に便利です。

③お会計  チェックビン

皿の上で手の平を下にしてチェックビンと言えば、お会計という意味になります。

手の平を左右に軽く動かすと、なお良いです。

あとは、料理を注文時に、

辛くしないで欲しい   マイ ペッ

パクチーを入れないで   マイサイ パクチー

お持ち帰りをしたい場合は、サイコン と言えば良いです。

サイコンと言うと、ハッポースチロールの容器に入れてくれます。

スープなどの液体の持ち帰りは、ビニール袋に入れて渡されるので、持ち帰って、それを入れるお皿がないと、食べにくくて大変ですので、注意して下さい。

美味しい   アローイ

凄く美味しい  アローイ マーク

マークを語尾につけると、「凄い」とか、前の単語を強調します。

何にでも使えるので、凄いな~と思うときはつけてみて言うと

タイ人に喜ばれます。

今日は、15語のタイ語でしたが、覚えられないときは、

ニー(これ) と言って、メニューを指差せば、良いです。

コー(ください)を忘れたときは、欲しい物の単語だけ言っても通じます。

会計は、チェックビン(会計)と言えばよいです

伝わらなければ、食べ終わった皿の上で、手の平を下にして左右に動かせば、大丈夫です。

この様に、覚えられるなら、15語

大変だな~と言う人は、ニーコーチェックビン3語だけでも食事は大丈夫ですので

少しずつ、タイ料理の食堂なり、レストランで使ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする