タイ料理を食べる時のテーブルにある4つの調味料の種類と使い方。

タイ料理のレストランのテーブルには、調味料が置いてあります。

初めてだと、何だろうと思いますよね。

1番見かけるのに、4つの調味料が最初は謎ですよね。

パタヤ番長も最初は、ジーと見てました。

もう、触らぬ神に祟りなしみたいな感じで、見るだけでした。

でも、ちゃんと種類と使い方を教わってからは、どんどん使うようになったので、番長のように、皆さんも使いこなせるようになったら、タイ料理の奥深さにはまりますよ。

タイの4種類の調味料の紹介と使い方です

じつは、タイ人は料理に自分流の味付けをします。

それが高級レストランでも、タイ料理には自分流に味付けします。

私達が食べるときは、結構しっかり味もあるし、何でだろうと思ったら。

あれは、外人用に味を濃い目にしてくれているそうです。

タイ人用には、少し薄味にしているそうです。

それで、仕上げの味付けは自分流にするみたいです。

その仕上げの味付けに使うのが、これです。

①唐辛子

唐辛子は見て分りますよね。タイの唐辛子は激辛ですので、辛さが足りない人はどうぞ。

ナンプラー

手前の、黒いのは、ナンプラーという、タイの醤油ですね。

厳密には、魚醤という、魚の醤油で、少しクセがあります。

このナンプラーに、生唐辛子の刻んだのが入っています。

辛くて、しょっぱい、味付け用です。

③お酢

右手前の、赤っぽい透明なのが、少し甘いお酢です。

赤いから、辛いお酢だと思うと、少し甘いお酢です。

実は、タイのお酢は少し甘いのです、日本みたいに、ただ酸っぱいお酢では無いのです。

④砂糖

左奥の白いのは、この順番でいくと、日本なら、塩だと思いますよね。

その逆の砂糖です。

コーヒーとかに入れるのではなく、料理用です。

この砂糖ですが、タイ人を見ていると、これを1番かけます。

最初は、どうかしてるぜ~って思ってみていましたが、今では番長も1番使っています。

さて、4種類の調味料をどのように使うかと言うと、

①唐辛子 ②ナンプラー はそのまま使えますよね。

③と④は、麺類とスープ系に使います

タイ風ラーメンでの使い方

タイ風ラーメンは、基本は薄味ですので、番長レシピは、

④砂糖をスプーン1杯半

③お酢をスプーン2杯

①唐辛子をスプーン半杯

②ナンプラーは食べて薄味の時だけ追加

これで、タイ風スーラータンメン(酸辣湯麺)の出来上がりです。

軽く食べたいとき、タイ料理の油っぽさと違うものが食べたいときに、この調味料を使います。

砂糖は、味にコクを出します。変に甘いとは感じませんので、最初の砂糖を入れる抵抗感を越えれば、大丈夫です。

番長は初めてタイに来た友人のラーメンに砂糖入れたら、マジ切れされた思い出があります。

そのぐらい、砂糖に抵抗ありますが、食べた友人は美味いじゃんって喜んでました。

砂糖だけでなく、お酢や唐辛子を少し加えることで、どんどん味が変わるので、自分だけの分量を見つけてください。

タイ人は自分だけの、分量があって、人に入れさせませんからね。

タイ料理のレストランに置いてある調味料を使いこなせたら、お、タイ料理詳しいね~って、鼻高さんになれますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX