スポンサーリンク

パタヤで1日100バーツの激安レンタルバイクを借りてみた

パタヤで1番安いレンタルバイクはどうなのか実体験してきた。

パタヤでレンタルバイクの相場は、1日200~300バーツですね。

その中で、私が知る限り、1日100バーツが1番安い値段だと思います。

100バーツと言えば、400円くらいですからね。

1日100バーツのレンタルバイクは、オールパタヤのレンタルバイクです。

古いバイクを

3日以上前にネットで予約する必要があります。

今のタイのバイクは、スクータータイプでギアは無いので、日本人が借りても違和感無く載れますね。

実際に借りてみた

どんなバイクなのか

まず、バイクは、街中で見かける125ccの普通のバイクです。

どれが来るかわからないらしいですが、この日は、写真を撮り忘れたけど、

普通のバイクで、傷が多く、ボロイナ~って感じですけど、パッと見はわからないです。

載り味は、普通ですね。

加速もよかったですが

難点は、満タンで貸出しが、満タンではなく、満タンより少し下くらいですかね。

ガソリンの瓶1本分といったところですかね。

あと、左のブレーキがあまあまでしたね。

何故か翌日には、普通になってた。不思議!

1週間借りたけど、バイクがボロイというだけで、何にも問題なく乗れた。

これで100バーツは激安なので、パタヤに行くなら借りた方が断然良いね。

借り方

オールパタヤのネットで3日前に予約する

借りる時と返す時の日付と時間を指定します。

予約した時間に、オールパタヤに行きます。

オールパタヤは、セカンドロードのsoi7とsoi8の間くらいにある

「子猫のおしり」というピンクのお店の奥にあります。

最初は、ビックリして入りにくいです。

入り口に1人以上、タイ人のお姉さんが座ってます。

この子に、レンタルバイクと言うと、奥の方を指差すので、奥に向かいましょう。

一番奥を左に進み、最初の右側のドアの中が、オールパタヤの事務所です。

オールパタヤのスタッフは、日本語が話せるので、レンタルバイクと言えば大丈夫です。

ヘルメットは、扉に入る前の通路左手に、山のように積んでありますので

自分に合うヘルメットを2つ選んで、店の前に移動です。

店の前で、レンタルバイクを貸してくれます。

借りる際に確認する事

・大きな傷が無いかの確認

・バイクの使い方の確認

特に、エンジンのかけ方・シートの開け方・給油口の開け方

この3点は忘れずに確認して下さい

パタヤでの注意点

国際免許は必要です。

罰金が2000バーツらしいです。

検問の場所は、ドルフィンロータリー

セカンドロードとセントラルロードの交差点

セントラフフェスティバルの入り口

この3箇所は注意ですね。

借りた時期は、どこも検問は無かったですね。

最近は、深夜に飲酒の検問がある時がありので、

深夜に飲み歩くなら、バイクは乗らないほうが良いです。

おわりに

レンタルバイクがあると、メチャクチャ便利です。

検問箇所さえ気をつければ、チョイ乗りには便利ですね。

ガソリンは、ガソリンスタンドで入れるのがよく

バイクを返す時に、メーター少し下なら、30バーツで街中でガソリンの瓶を買って入れるといいですよ。

半分くらいなら、ガソリンスタンドが安いですね。

では、100バーツで借りて楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする