パタヤのドルフィンロータリーを解説②ソンテウ発着所や取締りなど

パタヤのドルフィンロータリーは、結構パタヤの情報サイトに名前が出てくるんですけど、知っています?

そんなドルフィンロータリーを詳しく解説します。

前回は、①~③を紹介したので、続きの今回は、A~Dのポイントを解説していきます。

それでは、地図の解説です。

ます、地図の見方ですが

AとCの間の通りが、セカンドロードです。

AとDの間が、ビーチロードに行く道です。

矢印は進行方向を示します。

あとは、記号や番号のところが解説ポイントです。

 は、警察のバイクの取り締まりポイントです

沢山捕まっています

昔は、ヘルメットを被らないで捕まりましたが

今は、無免許の取締りです。

あと、飲酒運転も捕まります。

ドルフィンロータリーは渋滞ですので、どうしても、ここで減速しますので、バイクは捕まります。

ちなみに、深夜は、この前を1台分だけ通過できる狭さに、バリゲードをして、車の飲酒検問も行います。

B は、Let’s Relax Spa(レッツ リラックス スパ)です

ここは、スパ(エステ)で、

パタヤでは、交通の便が良いのに、リーズナブルなお店として、前に紹介しました。

場所が地図を見ると分りやすいかと思ってのせました。

グーグルマップでは、少し場所が違うので、このBの場所が正解です。

C は、ターミナル21という、新しいショッピングモールの建設現場です。

建設中のターミナル21とホテル

完成予定は2019年らしいです。

らしいは、タイの予定は未定なので、でも、出来たら、ここら辺がぐんと良くなりますね。

建設中は、この垂れ幕があると思うので、目印にして下さい。

D は、デュシタニ パタヤ ホテル(Dusit Thani Pattaya)入り口です

デュシタニ パタヤ ホテルの出入口

この奥が海まで全部がデュシタニ パタヤ ホテルの敷地です。

広大ですよね。

ドルフィンロータリーの解説になりました。

このロータリーを覚えると、ソンテウを乗り継いで、バスターミナルに行ったり、ナクルアという、新しいエリアに遊びに出かけたり出来ますからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX