パタヤなのにアラブ料理にインドレストラン、アラブ人街観光

パタヤなんですけど、アラブ人街があるんですよね。

パタヤに飽きてきたら、アラブ人街を散策してみる楽しさがありますよ。

パタヤは多国籍になってきています。

いろんな国の外国人観光客が増えてきて、それぞれの観光客の多い地域が出来てきています。

そうすると、その観光客を目当てのレストランが出来てきてます。

レストランができると便利なので、また観光客が増える。

そしてアラブ人街ができあがるんです

もちろんアラブ人街には、レストラン以外のお店も増えていますので、今回はまとめて紹介していきます。

パタヤのアラブ人街

アラブ人といっても、中東の人も居れば、インド人も居ます。

なので、インド料理にアラブ料理のレストランがあります。

厳密に言えば、それぞれの国の料理のレストランがあるのですが

お店の名前ぐらいしか英語表記ではなく、他はアラビア語なんです

アラビア文字が読めません

番長には判読が出来ないんです

でも、街は楽しいですよ。

パタヤなのに、異国情緒たっぷりなんですよ。

早速、歩いてみます。

看板が、アラビア文字なんです。

おまけに、見る人も、アラブ人やインド人ばかりなんです。

床屋さんを発見

もちろんアラビア語で、何が書いてあるのか分らないけど、

写真で分りますね。

写真を見ると、ヒゲそりが、上手いですね。

中をのぞくと、男性がヒゲそりしていました。

ヒゲ伸ばしたら、ここに来れば、格好良いヒゲにしてくれそうですね。

さらに歩くと

テラス席があるんですけど、窓の写真が、アラブですね~

普通にテラス席でお茶しているんですけどね

このエリアのマッサージ屋さんの特徴

アラブ人好みの、ぽっちゃりさんが多いです。

旅行会社もあります

これまた何が書いてあるのかわかりませんが

でも、それだけ、利用する観光客がいるってことですもんね。

言葉が通じると申し込みやすいですもんね。

日本人が、パタヤのHISで申し込むようなもんですね、

ここまで、紹介して来ましたが、アラビア語で、レストランが利用しにくいよ~って思う人には

ちゃんと英語表記の店もあります

ちょっとお洒落な、インド料理レストラン

アラビア語だけかな?と思っても、メニューに英語が書いてあるお店もあります。

番長は、知らないで、前にこのエリアのホテルに泊まってしまったんです。

それも1週間

毎日街を探索しましたよ・・・

でも物価は意外と安いんですよね。

場所と行き方

セカンドロードを逆方向に進みます。

一方通行が無くなり、両方向の通行の交差点まで来ます。

ソンテウなら、ビーチロードで乗り、セカンドロードに出る交差点で降りると良いです。

この交差点を、セカンドロードの進行方向とは逆の方に進みます

ちょうど両方向になった方向ですね

200mほど進むと、アラビア語の看板が増えてきます

さらに進み、左手に、マクドナルドが見えてきたら、アラブ人街の中心ですね。

さらにこの少し先に5差路がありますので、そこを右に曲がると、さらにお店がウォーキングストリートまで続きます。

いろんな脇道にもありますので、異国情緒たっぷりな街を散策してください。

夜は、凄い音量で、音楽が流れています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする