セントラルマリーナとBIG-Cのフードコートでカオマンガイの値段を比べてみた

セントラルマリーナは、年末になると、日本で言う、年末大バーゲンセールを開催するのです。

去年は、日本円で約2000円で、Mサイズのスーツケースが売っていたので、買いました。

今年も何かバーゲンで安いのがあるのかと思ってパタヤのセントラルマリーナ(旧ビッグシー)に夕方行って来ました。

セントラルマリーナに到着したら、お腹が空いてきたので、フードコートで軽く食べようと思いました。

Big-C の フードコート

実は、セントラルマリーナだけではなく、BIG-Cにもフードコートがあります。

セントラルマリーナでは、

FOOD PARKという名前になります。

セントラルマリーナの1階を入ってすぐにあるので、始めてきた人は、こちらで食べることが多いと思います。

店内も綺麗で衛生的なので、初めての旅行者や女性でも安心して利用できるフードコートです。

BIG-Cのは、セントラルマリーナの奥に進み、BIG-Cの2階にフードコートがあります。

1階と2階で棲み分けされているのか、BIG-Cの場合、駐車場から入ると、2階が出入口になるので、利便性で2階なのかもしれませんね。

BIG-Cのフードコート

こちらも、綺麗です。

また、人も多く活気があります。

横に長く、屋台みたいな、店舗もあります。

屋台に行くと、焼き芋屋さんです。

ここでも、焼き芋が売ってるので、人気なんですね。

このフードコートの奥には、子供が遊べる施設があります。

ゲームセンターと子供用の乗り物などがあります。

子供連れなら、子供も遊べるので喜びそうですね。

フードコートの値段比べ

どちらが、安いのか高いのかを比べてみました。

いつも基準にしているのが、カオマンガイの値段です。

カオマンガイ基準ですね。

ちなみにカオマンガイの値段は、パタヤの街中のタイ料理の食堂の平均は、40バーツです。

まず、セントラルマリーナ

店も小奇麗ですね

カオマンガイ 60バーツ

うん、こういう場所では、お得かもしれないですね。

Big-C

カオマンガイ 40バーツ

お、安いですね。

街中のタイ料理の食堂で食べる値段ですね。

ただし、両方共、衛生上のためなのか

吊るされている鳥が、偽物なんです。

日本で言えば、食品サンプルなんです。

昔は、どこも本物の鳥が吊るされていたんですけどね。

それを見て美味しいとか判断していたけど、

パタヤも近代化なんでしょうね。

両方を比べて、Big-Cの40バーツのカオマンガイを食べました。

うん、美味しかったです。

カオマンガイは定番ですが、ハズレが少ないし、食べやすいので、タイ料理で1番好きです。

では、結果発表、

カオマンガイは、セントラルマリーナのフードコートは、Big-Cのフードコートより5割高かったです。

オススメ本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX