[ パタヤのビーチシート ]リサイクル魂の真髄を見た

カウントダウンのビーチは凄い人です。

もうビーチを歩いていけないほどです。

これだけの人が、カウントダウンの花火を見に集まっているんですよね。

1番込んでいたのは、セントラルフェスティバルの前のビーチですね。

パタヤの中心地でもありますからね。

花火が終わって、人々が帰り始めたビーチを歩いていて不思議なものを発見です。

ビーチシート

ビーチシートと言えば、

by カエレバ

こんな感じで砂浜などに敷くシートです

パタヤビーチでは、銀マットだったんです。

え、銀マット

by カエレバ

上の画像みたいな銀色のシートです。

保温性がいいからかな~?

安いからかな~?

など、色々考えながらビーチを歩くと

タイ人は、ほとんどが銀色のシートを敷いているんです。

さらに歩いていると

ん? 

( ,,`・ ω´・)ンンン?

銀色シートの裏に見慣れた物が見えます。

これ、タイの調味料の袋のマークじゃないの?

あ、こっちにも

じ~と近寄ると

お菓子の袋じゃない?

近寄って見てみると

工!!!(゚Д゚;ノ)ノ

これ、袋をくっつけて、シートにした物だよ

袋をそれぞれくっつけて、シートの大きさにするなんて、日本では考えられない

たしかに、お菓子の袋は防水だから、シートに出来るんだろうけど・・・・

パタヤでは、流行っているのかな?

ビーチを見れば

あっちも、こっちも、このシートです。

手前の青いシートも

袋を10枚貼り付けて、シートにしてあります。

すげ~、スゲ~としかいえない

もうビーチに沢山あるから、これもしかして

ここで販売していたんじゃないかな?

そんなに同じお菓子食べないでしょ?

これ、パタヤビーチで今日、売っていたんじゃないかな?

そう考えると、これを作った人は、たくさん、この袋を集めて、袋をきれいにして、貼り付ける作業をして

出来上がったのを、ここで販売して

日本なら、人件費の方が高そうですよね

でも、これが1番エコなのかもしれないですよね

お菓子の袋をリサイクルするなんて考えた事もないし、

考えても、ビーチシートに使用って言う発想が出て、集めて作って販売までするなんて、凄いですよね。

まさに、リサイクル魂の真髄ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX