【ガパオ+カイダーオ(目玉焼き)】は鉄板の美味しさです

タイ料理の代表格は、

トムヤムクン

カオマンガイ

そして、ガパオ

昔は、それほどでもなかったんですけど、日本の「ほっともっと」という弁当屋で、ガパオを出したときに、食べたら、美味しかったので、それから、お気に入りに入りました。

ガパオですが、タイで注文するときは、タイ人の多い店に行くと、インゲンを入れられることがあります。

外人が多い店は、入りません。

インゲンが入っていても、悪気はないので、そういうもんだと思うか、インゲン入れるなよと言いましょう。

パタヤで美味しいガパオの店

いろいろと食べに行きますが、ここのガパオが、日本人の口に合うと思います。

杖をついて、白人のお爺ちゃんも食べに来ます。

ここは、外国人の客が多いので、味付けが、外国人用になっています。

料理の量も、外国人用に少し多いです。

もともとタイ人用は少なめなんですが、少しボリュームがあるので、日本人からしたら普通サイズになります。

名前が書いてないのですが、日本人にも、外国人にも、有名店です。

他の店では日本人に会わなくても、この店では、何度か日本人がいましたからね。

注文の仕方

さて、ガパオですが、タイ料理の正式名ではないです。

でも、ガパオで通じます。

本当は、パット ガォパオ ムーサップ らしいです。

炒める+バジル+豚肉 みたいな感じですよね

でも、ガパオ ムー で言いです。

ついでに日本風に卵焼きを載せたほうが美味しいので

ガパオ卵焼きのせ

ガパオ ムー カイダーオ

こうやって注文すると

出てきました~

肉多目、バジル入り~の

唐辛子少な目

ちょいピリ辛で美味しいです。

通常の店でガパオを注文すると、目茶苦茶に辛いです。

ガパオは本来、結構辛い料理なんです

でも、この店は、外人には、最初から唐辛子少なめです

もし、辛いのが好きな人は

ペッ = 辛い

と言えば、辛くしてくれます

すでに、注文して、料理が出てきて、食べたら、何か物足りないな~と思ったならば

テーブルのサイドに、ナンプラーに生唐辛子が入った入れ物があります。

辛さが足りないなら、この中から、生唐辛子を、少し取って料理に乗せましょう

ものすご~く辛いので、1かけらから試してくださいね

塩分が足りないな~と思ったら、このナンプラーだけ少しかけてください

タイでは、各自でこの生唐辛子入りナンプラーで料理に味付けします。

そのため、通常のタイ料理の場合は少し味が薄いことが多いです。

この店で、ガパオ卵焼きのせ 50バーツ

場所

看板はないけど、混んでいるので分ると思います。

入り口に、カオマンガイ用のチキンが吊るされていますので、見つけてくださいね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX