2017年GWのパタヤ旅行始まります。オールパタヤの送迎サービス

2017年のゴールデンウィークもパタヤに行きました

今回は、2017年4月28日の18:05成田出発です。

28日が金曜日だったので、午後休にしての出発です。

久々の夜便になるので、バンコク到着は夜中です。

夜中についてからは、タクシーでパタヤに直接向かう予定です。

夜便の場合は、バス便が無く、タクシーだけになるので、1人で旅行している人には、少しコストが高くなるので

人によっては、バンコクに1泊して、翌日にバスでパタヤに移動する人も居ます。

夜中の12時までは、バンコクの中心部に行く電車が走っていますからね。

JALで出発

今回は、JALの直行便です

18:05発

23:00着

やっぱり直行便は楽ですね。

飛行機で映画見てたら、到着です。

バンコクのスワナプーム空港は、混雑も無く、すぐに出ることが出来ました。

スワナプーム空港からパタヤまでは、あらかじめ予約しておいたタクシーで移動します。

夜の空港でパタヤ行きのタクシーを捜すのが面倒なのと、空港からのタクシーは、パタヤのホテルを知らないことが多くて、パタヤに着いてから、ホテルまで誘導するのが面倒だったからです。

マジで、迷いますからね

オールパタヤの送迎サービス

今回、空港からパタヤへ行くのは、オールパタヤという、パタヤの旅行代理店です。

ここは、日本語が通じるし、オーナーが日本人ですので、利用する人が多いです。

昔は、安くて良かったのですが、最近は、普通かちょい高いのですかね。

でも、運転手が安全運転をしてくれたりの、安心サービスがあるので今回も利用します。

タクシー料金

今回は、往復割引を利用します。

通常、往復2200バーツが、最初から往復予約をすると、2000バーツになるというものです。

でも、ここから加算が発生します。

往復2000バーツに割引の内訳で、

空港からパタヤ 1200バーツ

パタヤから空港 800バーツです

この金額からの加算ですが

繁忙期割増 片道 +100バーツ

深夜早朝割増 片道 +100バーツ

パタヤ市内を外れる

ナクルアなどの場合は、片道 +100バーツ

その他の地域は、相談

上記が加算されます

今回のホテルが、ナクルアの方面ですので

行き

空港からパタヤ 1200バーツ

GW繁忙期割増 +100バーツ

ナクルア割増 +100バーツ

合計 1400バーツ(高速込み)

帰り

パタヤから空港 800バーツ

GW繁忙期割増 +100バーツ

ナクルア割増 +100バーツ

深夜早朝割増 +100バーツ

合計 1100バーツ(高速込み)

あんまり、安くないでしょ。

往復割引無ければ、さらに、+200バーツだったしね

特に帰のパタヤから空港は、APEXホテルで申し込めば、1000バーツだしね

あ、今月(2018年2月1日)から値上げしてますので、値段は要確認してね。

往復割引で、2200バーツ~でした。

待ち合わせ場所

スワナプーム空港

到着フロアの2階3番出口のドア付近

到着フロアを出たら、右の方です

名前のボードを持った人が待っています。

シーズンにもよりますが、結構な人が、ボードを持って待っています。

じ~と見て客待ちをしているのではなく、たいていは、スマホをしていますので、

自分で、ボードを見て探してくださいね。

支払い

運転手に到着後に直接支払います。

合わせて読みたい記事

⇒ 【2018年オールパタヤ】タクシー送迎サービスの料金と追加料金

⇒ 【2018年オールパタヤ】タクシー送迎サービスの予約の仕方、利用方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする