タイ料理の辛さに少しなれた時の、辛さの調整を発見秘話!

レベル2になった、辛いのが苦手の番長の口も、普通のタイ料理には太刀打ちできない日々でしたが、

パクチーというタイ語を覚えた記事で書いた、「パクチーを入れないで」というタイ語を教えてくれた偉人に

番長「タイ料理が辛くて食べれないよ~」

偉人「辛くしないでって、注文できるよ」

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!

パクチーだけでなく、タイ料理の辛さも無くせるなんて、

タイ料理革命ですよ。

もうね、パクチーとタイ料理の辛さで、タイ料理が苦手だよって人は意外と多いんですよね。

タイは好きなのに、タイ料理がな~って

どんだけもったいないんでしょう

それが、偉人と出合ったおかげで、解決ですよ

辛さの調整

20年以上前なんて、ググればすぐに答えがでるなんて環境でなかったし、地球の歩き方を見るぐらいで、それには書いてないんだよね~

最近のは、細かく書かれるようになったみたいだけど、昔のは、もう迷いっぱなしですよ・・・・

タイ料理を辛くしないで、食べれるようになって、さらに1年位が過ぎた頃

タイ料理って、もう少し辛くてもいいじゃない?

全然辛くないのって、物足りなくない?

でもね~、そんなの注文できるとは思ってなかったけど、辛くしないでができるんだから、できるんじゃない?

番長は思ったら言ってみるので、気持ちはタイ語

実際は、通じないゼスチャーですよ

全然通じない

思い返せば、少しだけ辛くとか、辛いのを少しとかね

ゼスチャーだと、手を下げて、少なめだよってしたり

親指と人差し指で、少しだよってしたり

色々したけど、通じない

パクチーとの戦いが思い出すよね。

でもね、ある時、ソムタムという、タイの野菜の和え物を注文した時に、革命がおきました。

いつもと違う店のおばちゃんが、唐辛子を見せて、何本だ!みたいな事を言っているので(もちろん番長の憶測ですが)

ゼスチャーで、1本と伝えたら、唐辛子1本でソムタムを作ってくれたんです。

ソムタムって、普通だと激辛で、これだけで、家族がご飯を食べれる辛さなのです。

辛くないと、すっぱい野菜の和え物みたいで、ビールのつまみに美味しいのだけど、ピリ辛のほうが絶対に美味しいと思っていたんですよね~。

唐辛子1本のソムタムは美味しい~

番長 唐辛子の本数を注文できるを発見した!

タイ語で、唐辛子は「プリック」

最初は数字をゼスチャーで伝えていましたが、タイ語で数字を言ったほうが通じやすいし

その前に、辛い 「ペッ」を入れた方が伝わるというのを発見して

経験ですが、

唐辛子1本なら、「ペッ プリック ヌン」

これで、通じます。

唐辛子2本なら、「ペッ プリック ソン」

もう、タイ料理の世界が広がりまくりですよ

皆さんも、タイ料理の世界を広げて下さいね!


食べる指さし会話帳1タイ(タイ料理) (旅の指さし会話帳シリーズ)

タイ語を覚える暇はないし、手軽にタイ料理を食べたいな~と言う人には、この本が便利ですよ。

これがあると屋台の強い見方になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする