【パタヤ 観光地 スポット】おすすめ⑨パタヤ水上マーケット

タイ独特の水上マーケットを再現した場所が、パタヤにもあります。水上マーケット独特の雰囲気で昔のタイに行った気分が味わえるパタヤ 観光スポットです。

パタヤはビーチリゾートなので、海やプールで楽しんでいると思います。

でもプールや海だけでなく、観光もしたいですよね

ガイドブックに紹介されているものから、穴場まで、

パタヤ観光スポットの案内、地図・料金・行き方を紹介します。

パタヤ水上マーケット

パタヤの観光スポットで昼間に行く穴場ということで、

今回紹介するのは、水上マーケットです。

またの名を

パタヤ フローティング マーケット(Pattaya Floating Market)と言います

フローティング = 水上 ですからね

ここは、もともと水上マーケットがあった場所ではなく、

観光用に、大きな池の周りや池の上に、建物を建てたり通路を作って、昔ながらのタイの水上マーケットの雰囲気が味わえる観光スポットです

中に入ると、池の周りや、水上に高床式の木造家屋に並んでいます

建物内は、タイのお土産・食べ物屋さんなど沢山あります。

もちろん通路も水上にあります。

それも木でできていて、あじわいがあります。

水路は、船で観光することが出来ます。

水上の通路は、片側が建物のお店、反対側が池(水面)になっていて、この池の方には、小船が横付けされて、

タイの手作りお菓子を販売していたり

タイのアイス屋さんもあります。

意外と店舗で食べるより、水上の小船の方が安い場合もありますので、

いろいろ買ってみて、食べ歩きしながら観光するのが良いですよ

お土産も、観光客用に、5個セットとか、10個セットとかで買うと値引きしてくれたりします。

タイのアジアン雑貨の店もありますし、石鹸の店も沢山あります。

個人的に、外国人が凄く値切っている横で、その値段で、私も買いますみたいに便乗して、お得に買い物しています。

昼もいいですが、夕方から夜もいいです。

水上まケットがライトアップされて、幻想的に雰囲気がアップします。

夕方の涼しくなった頃に来て、徐々に暗くなり、ライトアップされた雰囲気も味わえますからね。

食べ物の屋台が多いので、食べ歩きや、買って帰るのもいいですよ

パタヤの街中で見かけない、変わった食材の食べ物の屋台が出ています。

料金

入場料のみ 200バーツ

その他、体験付きのチケットがあります。

駐車場は無料です

地図(マップ)

スクンビット通りをジョムティエン方向へ

パタヤ中心部から車で30分の距離です。

行き方

パタヤ中心部からタクシーや貸切ソンテウで、300~500バーツです。

帰りは、タクシーが待機していますので、すぐに見つかります。

帰りは、350~500バーツ

レンタルバイクでも行けます。

観光バスが沢山停まっていて見えにくく、通り過ぎに注意です。

帰りは、右折できないので、左折して、だいぶ進んだ後に、ユーターンして帰ります。

大通りなので、バイクは注意してくださいね

まとめ

パタヤの中心部からは、タクシーで30分位の場所ですが、タイらしい雰囲気を感じられる場所です。

特に買い物や屋台がおすすめです

バンコクの水上マーケットに行ったことが無い人は、パタヤで水上マーケットの雰囲気が味わえます。

この近くでオススメの観光地の記事

⇒ パタヤパークタワー(Pattaya Park Tower)

⇒ アンダーウォーターワールドパタヤ(Under Water World Pattaya)

⇒ パタヤ最大のビッグブッダBig Buddha

パタヤには昼間に行ける観光スポットが意外と多くありますので、出かけて見てくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX