【2018年オールパタヤ】タクシー送迎サービスの予約の仕方、利用方法

スワンナプーム空港とパタヤのタクシー送迎サービスを利用する際の予約の仕方や、実際に利用方法を紹介します。

オールパタヤの送迎タクシーの予約の仕方なんですが、

日本語のサイトで、日本語で予約できるので、とても簡単です。

でも、簡単だといわれても初めてだと、不安だし、

予約してから、実際に乗って行くまでは、利用前は不安だと思うので、

今回は予約の仕方から、実際に乗って目的地に向かうまでなどを紹介したいと思います。

オールパタヤの予約の流れ

ホームページから予約します

ホームページから、予約する場合

空港からパタヤ行きのタクシーを予約する場合に必要になるもの

日にち、時間、飛行機の便名、スーツケースの大きさと数、送り先のホテル名、ホテルの住所

これらの項目が必要になります。

項目の入力に困ることは無いと思います。

ホテルの住所は、ホテルのバウチャーに書いてあるのを、そのまま入力します。

逆に、パタヤから空港の場合も入力に必要なのは、飛行機の便名以外は同じです。

往復割引を希望の人は、空港⇒パタヤの予約をしたら

続けて、パタヤ⇒空港の予約をします。

それぞれを別々にすぐに予約すると、往復割引された予約メールがあとからやってきます。

予約したら

予約のメールが届きます

往復予約の場合は、片道ずつの料金の予約のメールが届きます。

このメールが、バウチャーになります。

これを、プリントアウトして、当日持って行くのが1番安心です。

当日、空港で待ち合わせ場所

スワンナプーム空港に到着したら、

2階の3番出口が待ち合わせ場所になります。

3番出口とは、空港から外に出る出口の番号で、空港右から1番になり、左に行くほど番号が増えていきます。

なので、

空港に到着して、到着口を出た階の、右の方になりますので、右の方に移動します。

3番出口の近辺は、他のタクシーサービスの待ち合わせ場所にもなっていますので、混んでいる時期は、30人以上が名前の紙を持っています。

間違わないように、見つけて話しかけましょう。

見つけて、確認できたら、すぐに出発します。

ですので、その前に、トイレなどを済ませておきましょう。

1時間ちょいの車移動になりますからね。

車は、空港向かいの立体駐車場に停まっていますので、そこに移動して、出発しますので、

初めてだと、少し不安になりますが、それも観光だと思って歩けばすぐです

車まで、5分位移動します。

車に乗ったら、1時間10~20分でパタヤのホテルに到着します。

以前と違って、パタヤまで高速道路が完成して、道路が快適になり、速くなりました。

支払い

オールパタヤのタクシーの場合

ホテルに到着したら、タイバーツで支払います。

バウチャーに金額が書いてありますので、その金額を支払います。

タイバーツのみなので、タイバーツが足りない人は、乗る前に空港で両替しておきましょう。

タクシー料金を払った後に、気持ち、チップを渡します。

オールパタヤのドライバーは、チップを強要しないように、教育されていますので、ドライバーから、求めてきませんが

ホテルに着いたら、チップを気持ち渡すと喜ばれます。

個人の感覚ですけど、パタヤ番長は、100バーツ渡しています。

それは、気分良く乗っていたらのチップですからね。

少なくても、笑顔で受け取りますので、あげるとこっちの気分もよくなります。

帰り

パタヤから、空港までの予約をすると、10分以上前に、ホテルのフロント前に車が来て待っています。

時間前に来ているので、時間になっても来ない、どうしようとか不安にならないですみます。

何度も利用していますが、1度も来なかったり、遅れたりしたことがないので、安心して使っています。

空港に着いたら、来たときと同様に、降りる際に、タクシー料金を支払います。

もちろんタイバーツになりますので、乗る前に、残金を確認しておきましょうね。

まとめ

予約方法は、少し変わっているけど、日本語で予約できるので、便利で安心

運転も安全運転で、ドライバーの雰囲気も良く、

他のタクシーを利用したときに、改めて、良さを感じてしまいます。

ホームページ

 オールパタヤのタクシーサービス

⇒ オールパタヤのホームページ

合わせて読みたい記事

⇒ 【2018年オールパタヤ】空港からのタクシー送迎サービスの料金と追加料金

⇒ スワンナプーム空港からパタヤまでエアポートバスで行く方法と料金と時刻表

⇒ スワンナプーム空港からパタヤまでベルトラベルのバスで行く方法と料金と時刻表

いろいろ書いてますが、オールパタヤとは何にも関係ないですからね、

いつも利用させてもらってるので、良い情報は、皆さんにも紹介したいと思って、今回紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする