タイにアイコスの持込で逮捕!最高で懲役10年か50万Bの罰金!

タイへのタバコの持ち込みは厳しいことは知っている人も多いですが、

実は、アイコスの持ち込みの方は、逮捕されると、罰金もタバコよりも罪が重いなんて知らなかった人が多いですよね。

電子タバコ禁止条例

タイでは、2014年12月27日に、タイ商務省より

電子タバコ禁止条例が発効されました。

日本ではあまり知られていませんが、タイでは電子タバコ禁止条例がタイ商務省から
2014年12月27日より発令されています。アイコスをはじめ、加熱式のタバコも含まれます。

違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツの罰金のいずれかが科せられます。

商売目的でなく、個人的に所持・利用していた場合でも罰せられますので
タイへ渡航される場合は十分にご注意ください。

タイ国政府観光丁のHPより

電子タバコ条例なのに、加熱式タバコのアイコスも含まれるということです。

違反したら

怖いのは、個人の所有で違反した場合の、最高10年の懲役

または50万バーツの罰金です

アイコス持ってて10年の懲役は嫌だし

50万バーツって、今のレートで約170万円ですよ

たぶん、罰金が支払えなかった場合に逮捕という流れじゃないかと想像してますけど。

いや~、金額が大きすぎてビックリですよね。

日本では、普通の煙草から、アイコスに変えた人も多いので、日本の感覚でタイに持ってくる場合は注意して下さい。

吸ってなくても、持っているだけで、罰金となりますし、最悪、逮捕されますので、注意して下さい。

パタヤでは、電子タバコを吸っている外国人を見かけますが、安心しないで下さいね。

外国人も逮捕されていますからね

タバコの国内持ち込みで、空港で捕まる人を例にすれば、

免税範囲を少し超えるだけで、確実に罰金を取られ、タバコは全部没収となりますので、

電子タバコも、見つかれば、同じように高額罰金を取られるでしょうし、逮捕の可能性があります。

たぶん、逮捕は、罰金を支払えない人とか、ごねる人でしょうね。

実際に逮捕されているの?

タイでは、実際に電子タバコで逮捕され、高額罰金を払う旅行者が増えているので、

イギリス外務省のホームページでも

「タイでは、電子タバコは没収される可能性が高く、告発された場合、罰金刑もしくは最長10年までの懲役刑が科せられる」

と警告されています

日本人も逮捕され、罰金を払ったというニュースもあります。

まとめ

50万バーツは行かなくても、日本人は、3万バーツ(約10万円)の罰金が多いそうです。

ガイドブックには、小さく表記されているだけですが、実際は凄く重大なことなので、みなさんも、注意して下さいね。

うっかり、持ってきてしまった!なんてならないようにしてください。

⇒ タイのタバコ持込制限超過での罰金を拒否すると身柄拘束されるかも?

あと、電子タバコじゃなければと、大量にタバコを持ち込むのも注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする