【ブッカオの洗濯】1kg50バーツのクリーニングは簡単便利!

1枚1枚クリーニングに出すには、お金がかかるし、パンツや靴下なども、クリーニングにだすのはもったいあないな~って思う人もいますよね。

そんな人の為に、パタヤには、1枚ずつの料金のクリーニングだけでなく、1Kgでいくらと、量り売りみたいなクリーニングがあるんです。

1kgいくらですので、1kg単位って思うでしょうけど、実際は、100g単位で計算してくれます。

今回は、パタヤのブッカオ通り近辺で、1kg50バーツのクリーニングを見つけましたので、使い方は簡単なので、便利に活用してください

1kg50バーツクリーニング

タイでは、クリーニング屋は、LAUNDRYと書いてあります。

クリーニングは、日本語ですので注意して下さい。

1kg50バーツのクリーニングとは、クリーニングに持っていった服の重さで料金が決定します。

この場合のクリーニングは、WASH ONLYと書いてあります。

洗うだけ?と思いますけど、洗って、干して、たたんでくれます。

パタヤで着る服は、夏物の服なので、アイロンまでは要らないと思うので、これで十分満足できます。

綺麗にたたんでくれるので、ホテルに持って帰ってからの収納に楽です。

どうしてもアイロンが必要なら、アイロンコースもあります。

1kg90バーツです。

アイロンコースを選ぶと、靴下もパンツも、はてはジーパンまでアイロンをかけてくれます。まさに全部です。

洗いたい服を全部持っていけるので、とても便利です。

気になる仕上がりは、朝一に出せば、夕方

昼に出せば、翌日か、ラッキーなら夕方。

利用方法

袋に洗濯物を入れて持って行きます。

袋は帰ってこない場合がありますので、コンビニのビニール袋に入れて持っていくのが良いです。

通常は、クリーニング後の、服の重さになりますので、服が濡れていると重くなるんじゃない?なんて心配はいりません。

クリーニング屋で、荷物を渡す際にクリーニングの種類を必ず伝えてください

言わないと、料金お高いアイロンコースになることが多いです。

「WASH ONLY」と伝えましょ

アイロン希望なら、アイロンと伝えましょう

最後に、出来上がりはいつか?をききます。

通常は1日ですが、遅い場合や、思いのほか速い場合もありますから

特に翌日帰国とかの場合は必ず、間に合うかの確認ですね。

料金と支払い方法

通常

1kg50バーツ

全部アイロンをかけるなら

1kg90バーツ

後払いになります

クリーニングを引き取りに行った時に、料金の紙を見せられますので、現金で支払います

注意すること

クリーニングに出した服を思えておいて、ちゃんと全部あるか確認しましょう。

今まで使っていて、まれに、服が増えていたりします。

ということは、誰かのが少ないってことですよね。

タイの洗濯事情は、とにかく柔軟剤で香りを出すです。

なので、服の香りが強く感じる場合もあります、香りは好みの問題ですが、パタヤ番長は、汗の臭いが気にならなくなるので気に入っています。

またタイ人には、この香りが良いそうです。

地図

レックアパート(LekApartment)の1階になります。

ブッカオから、soiダイアモンドに80mほど入った左手にあります。

まとめ

ブッカオで洗濯する場合、1kg50バーツのクリーニングを1度でも使ったら、この便利で快適なことビックリします。

特に、1人での旅行者には、洗濯する枚数も少ないので、コインランドリーでは、もったいないしな~と言う場合には、もってこいですね。

洗濯が楽になるので、これで、パタヤ旅行では、ばんばん着替えられますね。

また、変わった使い方ですが、パタヤ番長は帰国前に、次の旅行までは着ないな~って思う服をクリーニングに出します。

綺麗にたたんであるし、香りもついているので、次の旅行まで、そのまま収納できるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする