日本人とタイ人の結婚式に行ってみた③タイは結婚式に前夜祭?

日本人の友人(新郎)とタイ人(新婦)との結婚式に行った話しの続きです。

パタヤ番長の日本人友人一行は、新郎の家まで式の2日前から到着していて、式前日、女性陣は結婚式の準備のお手伝いです。

近所の人も着ていて、皆さん準備のお手伝いをしていますた。

番長の男手衆は、手伝うことも無く、なんとなくお酒があったので、昼間から飲んで見ていました。

他の日本人の参加

新婦は、飲み屋さんで仕事をしていたので、気遣いばっちりです。

新婦の仕事先の子は式の会場が遠いので、誰も着ていなかったけど、

式の前日に、なんと同僚が1人、タクシーでかけつけました。

ビックリです。

さらにビックリしたのは、始めて見る、日本人と一緒だったのです。

この一緒の日本人は何なのかな?って気になるので、聞いてみたら

一昨日に、飲み屋さんに始めていったら知り合って、初対面なのに、いきなり、友人が結婚するから、結婚式に一緒に行かないかと誘われたそうです。

特に予定が無かったし、面白そうなので、急遽ついてきたそうです。

もちろん、日本人の彼が移動費を出したそうです。

ほ~凄い

何だろう、この行動力の凄さは・・・・

ま、駆けつけ1っパイということで、男衆の飲みに参加で、皆飲んで気持ちよくなり、いろいろと盛り上がりました。

前夜祭

夕方になったら、料理も沢山出てきて、会場も完成して、披露宴が始まりだしました。

披露宴なのかな?

最初は、これがタイの結婚式の本命なのかと思ったけど、聞いて見て違っていました。

本番は明日で、今日はなんか近所の人を集めて宴会らしいです。

友人の結婚式は、なんと前日から、日本で言ったら披露宴?みたいな宴会が開かれてます。

まさに前夜祭ですね。

音響セットが設置されて、大音響でタイの音楽がかかり、

近所のタイ人も集まり、飲んで食べて、そのうち、タイ人は、タイの音楽に乗って、踊りだして盛り上がりました。

酔った番長の友人達も、酔った勢いで一緒に踊ったり、飲んだり、お酒のパワーで言葉の壁を越えて、不思議な盛り上がりでした。

気がつけば、2時くらいなので、新郎の新居で、皆で雑魚寝をしました。

寝落ちですね。

明日は、タイの式ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする