パタヤのエロい風俗、夜遊びまとめ!男性旅行者版

パタヤと言えば、タイのビーチリゾートなんですけど、行けば分るけど、夜になると、なんだかピンクのネオンが光ってたり、色っぽい女性がいたりで、なんだか怪しい雰囲気が出ていますよね。

正直に言えば、そこはやっぱり、エロい風俗や夜遊びがあったりするわけですよ。

それも、タイを代表するリゾート地だけあって、ビックリしますけど、男性も女性も楽しめるような感じなんですよね。

今回は、男性旅行者が遊べる(楽しめる)エロい風俗と夜遊びを簡単にまとめて見ましたので、旅行の際は、こういうのが苦手な人は、避けて快適な旅を!好きな人は、参考にして快適な旅を!

パタヤの代表的なエロい風俗と夜遊び!

ソープ

パタヤの代表的な、エロい風俗ですね。

日本人でもわかる名前ですし、内容は日本と同じです。

マットプレイ付きの店が多いです。

料金は合計、旅行者なら、2500バーツ~ です

言葉も要らないし、料金も手頃で、初めての旅行者には、1番、遊びやすいですね。

1番分りやすい場所は、セントラルマリーナという大型ショッピングセンターの、横と前にあります。

凄く目立ちます。oo大浴場とか書いてあります。

ゴーゴーバー

外国の映画で見る様な、お立ち台の上で、水着姿の女性が踊っているのを、下の席から見上げて、酒を飲むお店になります。

ポールダンスをしている女性もいます。

有名な場所は、ウォーキングストリート、LKメトロになります。

呼び込みをしているので、すぐに分ります。

意外にも、女性客も居ますので、初心者でも入って、飲んで見るだけも楽しめます。

でも、お金を払えば、踊っている女性やお店で働いている女性(ウエイトレス含む)は、ほぼ全員が、連れ出して店外デートをする事が出来ます。

店外の連れ出し料金は、モデル、踊り子、ホステス、ウエイトレスなど、結構細かく分かれていて違いますので、聞いてみるのが良いです。

店外に連れ出して、お金を払えば、エロいことも出来ます。

連れ出し料金は、600~4000バーツ

エロは別料金で、2500バーツ~

結構、お金がかかります。

けれど、凄い美人や可愛い子がいたりします。

バービア

タイ語か英語を話せるなら、タイ人と話をしながら、楽しみながら飲めますので、おすすめです。

パタヤの街中のいたるところにあります。

夜に、ネオンが輝き、オープンカウンターの席に、タイ人女性が座って飲んでいるお店です。

表から、丸見えですので、お店の雰囲気も、女性の容姿もわかるので、好みの子を見つけて、うろうろしている男性を良く見かけます。

ここも、ゴーゴーバーと同じで、店外に連れ出すことが出来て、エロい事も可能ですが、連れ出しには女性の意見が優先されるので、断られる事もありますので、ダメなら違う店に移動しましょう。

連れ出し料金は、300バーツ~

エロは別料金で、1000バーツ~

言葉が話せれば、意外とお得に楽しめます。

エロマッサージ

これは、マッサージ屋さんなんですが、マッサージの途中から、エロい誘いがあり、エロい事が出来るマッサージ屋さんになります。

まさかと思いますが、パタヤは奥が深いので、普通のマッサージ屋さんで、カーテンで仕切っているだけで、隣に普通の客が居ても、エロい誘いはあります。

そういう雰囲気が好きな人には最高な店になりますし

言葉も要らないので、成り行きでエロい事ができたりして、旅行者も楽しめる場所になります。

これは、パタヤの街中のお店のほとんどに可能性があります。

もし探すなら、マッサージ嬢が、

女性ばかりいる。

化粧が濃い

私服ばかり

こんな店を探してください。

または、ソイハニーに行きましょう。

ソイハニーという通りにあるマッサージ屋さんは、ほとんどがエロマッサージ屋さんです。

エロい料金  1000~1500バーツ

ソイ6

置屋というか、エロい事をするだけの店です。

この通りは、そういう店が集まっています。

タイ語や英語が苦手な旅行者には、いいです。

お店の前で、気に入った子の手を引いて店に入り、飲み物を頼み飲んでいれば、言葉も要らず、セクキャバの様な接待を楽しみながら、盛り上がれば、お店の2階の個室に行き、本格的なエロい事も可能な店です。

部屋代 300バーツ~

エロい料金 1000バーツ~

立ちんぼ

もう、道端で、フリーで客引きをしている人です。

有名なのは、パタヤのビーチ沿いの道

ウォーキングストリート

見分け方は、両方共、化粧をした女性が、暇そうに立っています。

歩きながら見て、気に入れば、近寄り、ハウマッチと言うだけです。

立ちんぼでは無いなら、ノーとか言われるので、ソーリーと言って立ち去りましょう。

立ちんぼなら、金額を言われます。

金額が合えば、自分のホテルか、立ちんぼさんの知っている、連れ込みホテルに行きます。

エロい料金 1000バーツ~

オカマも居ます。ビーチ沿いのオカマはトラブルの元なので、注意しましょう。

オカマの立ちんぼと遊びたいなら、ウォーキングストリートの立ちんぼにしましょう。

まとめ

初心者の旅行者でも楽しめる、代表的なものを紹介しました。

料金は、旅行者によって、美人度によって前後してきます。

パタヤ初心者ならば、無難に遊ぶなら、ソープがおすすめです。

ゴーゴーバーは、美人が多いですが、料金は日本で遊んでも変わらないくらい値上がりしています。

安く遊ぶなら、ソイ6、か、エロマッサージですね。

ディープな遊びをしたいなら、立ちんぼですね。

こんな感じのパタヤのエロい風俗や夜遊びを知ってから、パタヤに行くと面白いですよ。

エロい事に興味が無くても、パタヤの街中を歩くだけなんだけど、知ってると、へ~そういう店だったんだと観光に来た気分がしますからね。

カップルなら、店を見るだけで、盛り上がりますよ。

ソープなんて、観光客の多いショッピングセンターの、真横と真正面にあって、メチャクチャ派手な看板がありますからね。

新しいパタヤを見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする