タイ旅行でパタヤのホテルに持っていく物、おすすめベスト3!2017年夏

今までタイでは、安宿から5スターの高級ホテルまで宿泊しました。

パタヤのホテルに宿泊するのに、絶対に持っていくものの中から、2017年夏までで、番長が選んだ

タイ旅行でパタヤのホテルに持っていく物、おすすめベスト3!2017年夏の発表です。

おすすめベスト3

1位 歯ブラシ

高級ホテルから、安宿まで、まず、歯ブラシは備え付けていません。

老舗の超高級5スターホテルになると、ついていますが、新進気鋭の5スターホテルは無いことが多いです。

日本の感覚で行って、無かった場合、結構困るし、高級ホテルが街中から離れていたりするので、買うのも大変だったりしますので、

ヤバイ忘れてると、気がついた場合は、ホテルまでの送迎車に乗る前に、バンコクの空港の地下1階にセブンイレブンがありますので、買って行くとよいですよ。

タイの進化した歯ブラシを使ってみるのも記念かもしれませんね。

街中にホテルなら、セブンイレブンやファミリーマートが沢山ありますので、すぐに買えます。

2位 割り箸

屋台で、食べ物を買ってきた場合、それを食べる、フォークや箸(はし)がついていないことが多いです。ホテルには、コーヒー用のスプーンは備え付けているところもありますが、フォークや箸はついていないんですよね。

わざわざ買うのもなんですでの、日本から割り箸がいいですよ。

使い捨てできますし、安いし、家にありそうなものですし、フォークだと洗うのが大変ですからね。

また、ホテルで借りると、追加料金を取られると思いますので注意です。

日本では無料でも、外国の場合は、ルームサービスとなります。

タイでルームサービス頼むと、少なくとも、チップ20バーツは渡すと思うので、

忘れた場合、街中の、セブンイレブンやファミリーマートに行くと、20バーツ前後で売っていますので、チップの金額で、記念に、タイのフォークやスプーンを買うのもよいですね。

3位 220V対応のUSB電源と対応ケーブル

タイでは、電圧が日本の2倍あります。通常の電気製品は使えません。

コンセントの形状が違う場合もあります。

もって行ったほうが良い電気製品は、スマホやカメラ、ゲームとかになると思います。

それらを充電するのは、USBから出来るものがほとんどです。

わざわざ、高い変圧器を買わないで、海外の220V対応で海外のコンセントに対応しているUSB電源がおすすめです。

特に1つのコンセントから、USB電源が2つ以上ついているのが良いです。

海外旅行には電気製品を多く持っていくのに、コンセントが少ない場合がありますからね。

携帯ゲームを持っていく人も、USB電源に対応した充電ケーブルを持っていけば、荷物も減って良いですよね。

忘れた場合は、コンビニがあります。

街中のセブンイレブンやファミリーマートに行けば、観光客が多い店舗なら、変圧器やコンセントの変更アダプターまで売っています。

もちろん24時間営業ですよ。

タイ観光に、コンビニ探検も楽しいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX