夏休みのラン島行きの海は大荒れ帰りの船チケット無くして大ピンチ!

日本の夏休みのタイは雨季で海が荒れます。

夏休みの時期でもパタヤはそんなに海が荒れないので、快適なんです。

毎回、冬休みにだけ、ラン島に行っていたので、湖のような波の無い海を想像してたら大違いでした。

その時は番長の妻を始めて連れて行ったのです。

「ラン島は綺麗で、移動の船も波が無いから快適だよ~」って連れて行ったのですが。

パタヤの港は平気、

少し沖に出たら、大荒れ

波が大きいので、船が大揺れ

冗談で、ライフジャケットはあそこだよ、沈没したら真っ先に取るんだよ、人数分はなさそうでしょ、あと少し濡れてるでしょ、タイの船は沈没するからね~って言っていましたが、本当に沈没しそうなほどの揺れです

揺れで、波が船内の席まで、ザバ~ンとかかります。

番長と妻は泳げるけど、これ沈没したら、タイ人は泳げるのかな?って心配になりました。

大荒れの海で、いつもより時間がかかり、もう途中のビーチで良いのに~って思いました。

結局、波が大きいので、目的地のビーチには入れないらしく、1つ手前の湾のビーチに入り、そこで全員が降りて、そこからソンテウに乗って目的のビーチまで移動です。

もうビーチが大荒れ、綺麗な海はありません。波で海がかき混ぜられてますからね。

妻は全然綺麗じゃないというし、ここまでの道のりが最悪で2度と来たくないと言われてしまいましたが、とりあえず、海で遊びます。

波は大きいですが、海は最高、滅茶苦茶楽しいです。

ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、

妻は、大きな波が来ると波乗りみたいに、波と一緒に岸の方まで行くので、波乗り上手いな~、楽しそうだねって言ったら

波に持っていかれてるだけだよ、溺れそうだよ、凄い疲れるんだよって言われてしまいました。

なんかますます、ラン島が嫌いになっていそうで怖いです。

そんな事があって、少し早めに帰ることになり、隣の港に行こうと来た時のソンテウ乗り場行ったら、ソンテウはいなくて、まさかの、バイクに3人乗りです。それも隣のビーチまで丘を越える登り下りの坂道ですよ。

このタイのバイクに3人乗ります

タイでは普通に3人乗っているのを見ますが、妻は初めてで、かなりビックリしていました。

大人3人だと、一番後ろの番長なんて、イスに半分しか乗ってないですよ、足も浮いてるし、後ろにある手でつかむ所を落ちないように掴んでいました。

ボート乗り場には、帰りの人の行列が出来ていて、そこに並んでいると、前から順々にチケットも回収にきました。

チケットどうしたか思い出して

(;・∀・) ハッ? 

ヤバイ!

チケットは、水着のポケットに入れていて、もう何だかわからないのが入っていました。

どうしようと悩んでいると、係りの人が番長のところに来たので

素直に、無いよって、ゼスチャーして、ソーリーを繰り返し

係りの人も困ったな~って顔して、何か言ってましたが

・゚・(つД`)・゚・ もの凄く困った顔で、ゼスチャーで海で泳いだらチケットが無くなったみたなやり取りをしながら謝ってると、いいよみたいな感じで乗せてくれました。

タイ人の優しさに、目茶目茶感謝です。

タイ人のこういう優しさに触れると、もの凄くタイが好きになります。

海水パンツのポケットにチケットを入れて泳ぐなんて人はいないと思いますが、

皆さんも、チケットは別の所にしまっておいたか再確認ですよ!

いや~番長は、結構失敗をしているんですよね。

タイでの失敗は多いけど、毎回何とかなってる、とても運が良いです。

今回もそんな運の良かった事ですが、みなさんは番長のような失敗をしないように参考にしてくださいね。

ちなみに、この数日後に、パタヤからラン島に行く船が沈没しました。

外国人とタイ人が亡くってしまい、冗談ではなくなりました。

この沈没事故から、ラン島に行く船に乗ると全員がライフジャケットを着るようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする