【ブッカオの朝食】THE DRUNKEN DUCKの99バーツのブレックファースト

朝食を探して、ビュッフェも良いけど、品数少なくても、美味しいものが食べたい、年齢になってきました。

ブッカオには、白人が多いので、洋食系の美味しいレストランが結構あります。

美味しい店を探すなら、白人が多い店に行けですね。

そこでブッカオで朝食を食べに、ブッカオ脇道のsoiLKメトロにある、THE DRUNKEN DUCKに、99Bのブレックファーストを食べに行ってきました。

THE DRUNKEN DUCK

外からの店構えで、オレンジの外観です。

メトロという有名な店のお隣です。

上の看板をアップしてみると

酔っ払いのアヒルですね。

( ̄▼ ̄)ドナルドダックにかけてるのかもしれませんね

この店の角に、この立て看板を見つけたのが行くきっかけです。

2ソーセージ・2ベーコン・2エッグ・トマト+ビーン・トースト・コーヒーorティー

これで、9時~12時まで、99バーツですよ

安い~!!(゚ロ゚屮)屮

とりあえず、どんな朝食なのか実食です。

前日が夜更かしをしてしまい、訪れたのが11時30分と、結構遅い時間でしたが、白人のお客さんで賑わっていました。

早速、プロモーションのブレックファーストを頼みます。

飲み物聞かれ、寝ぼけていたので、

( ゚ ρ ゚ )ボーーーー

「コーヒー」

ハッ (*゚o゚*) コーヒーと言ってしまった!

聞き返されて、笑われました。

お店のママさんだったので、他の席でも、コーヒーって言われたよって、盛り上がってしまいました。

久々に恥ずかしかったし、コーヒーで反応されたのも久々だった。

コーヒーって、タイ語で、

コー=下さい

ヒー=女性のあそこ

店員が女性だと、ヤバイですね。

ブレックファースト

そんことがあましたが、まず、コーヒーが到着

普通のコーヒーカップで1杯ですが、ミルクがちゃんとしていて、コーヒーも美味しかったです。

みて下さい、凄いボリューム

厚切りベーコンが2枚

結構大きいですし、厚さがあるんですよね。

日本で言ったら、厚切り豚肉のしょうが焼きの肉くらいですね。

よく分からないですね。

ソーセージは、美味しいやつですね。

ソーセージも2本

美味しいやつですね。

焼いたトマトの半身に、ビーンがかけられているお皿です。

これに、目玉焼きが2つついています。

凄いボリューム、予想以上で、凄くうれしいです。

トースト2枚とバターとマーマレードジャムがついてきます。

トーストは小ぶりですが、この組み合わせだと、お腹がいっぱいになりますので、十分です。

味は、写真を裏切らない美味しさで、今回、食べに行った朝食で1番美味しかったです。

とにかく、肉・肉・肉って感じですよ。

肉が食いたければ、これを食えってキャッチコピーが出てきそうですよ。

これで、99バーツです。安いですね

ちなみに、メニューがあって、

この、2番のBig Breakfast130バーツだと思われます。

なので、12時を過ぎた場合でも、このメニューで注文できそうですね。

あと10年若かったら、1番の凄そうなのを食べたいですね。

おじさんは、胃にもたれますからね。

地図

この地図のMETROという店の右隣のオレンジの建物の店です。

行き方は、ブッカオから、soiLKメトロに入り60mほど進んだ左側になります。

意外と分かりやすい場所なんで、迷わないで行けると思います。

朝や昼は開店している店が少ないので、見つけやすいですしね。

まとめ

ブッカオの朝食としては、THE DRUNKEN DUCKの99バーツのブレックファーストはパタヤの100バーツ前後の朝食の中では、味とボリュームと食後の満足度でトップクラスのブレックファーストになります。

99Bで、まさに肉・肉・肉とボリュームがある朝食ですね。

朝食は、9時~12時までのプロモーションですけど、パタヤ番長の1押しです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする