パタヤで美味しい,40バーツのカオモッガイ屋を見つけた

カオモッガイって知っていますか?

カオモッガイとは、マレー系の料理で、サフランライスを調理して、その中に蒸した鶏肉を入れる料理です。

蒸し鶏は、鶏肉の部位のブロック(塊)が入っています。

サフランライスは味付けされていて、店によって美味しさが違います。

パタヤ番長が初めてカオモッガイを食べたのは、タイ南部の町、スンガイコロクでした。

食べてみたら、凄い美味しかったのを覚えています。

これがパタヤのカオモッガイです。

鶏肉がスライスされていたので、ビックリしました。

通常は、鶏肉のどこかの部位のブロックの塊が1個入っているんです。

パタヤで買ったのは、見た目、サフランライスを使ったマレー風のカオマンガイですよね。

カオマンガイが好きな人は、これはもっと好きになるかもしれません。

美味しいんですよね。

カオマンガイの、ご飯がもっと味付けされていると思ってください。

イメージ悪いですけど、カレー味の薄いドライカレーって感じですかね。

そんなカオモッガイを、食べたいな~って思っていました。

けれど、美味い店がなかなかなくて、

美味い店があるよとは聞いていたけど、場所とか分らなかったんですよね。

それが、偶然ですが、見つけたので報告しますね。

場所は、soiブッカオの南の終わりの交差点の角の、カオマンガイが美味い店として有名な店です。

いつもは、イスに座って、カオマンガイを頼んで終わりなのですが

この日は、暇人な番長で、カオマンガイのご飯の大きな鍋をのぞいていたら、左の鍋は、黄色いご飯だったので

あ、これカオモッガイだと思って

店のおばちゃんに、カオモッガイって聞いたら、そうだった。

うれしいので、カオモッガイを持ち帰りで頼んで、部屋で食べました。

カオモッガイ 130円(40バーツ)

部屋で見ると、なんか少し違うんですよね。

カオマンガイ屋なので、カオモッガイも、カオマンガイの盛り付けだったんです。

でもここは、鶏肉が凄く美味しいから、美味いに決まっています。

でも、でも、パクチーが乗ってるよ~

ぱたや番長は、口が子供なので、パクチーが食べれません

そ~と取り除いて、食べます。

カオモッガイセット 40バーツ

カオモッガイセットは、カオモッガイに、タレが2種類、スープ

スープは、カオマンガイについてくるのと同じスープ

写真は、カップヌードルの空きカップに入れています(リサイクル~)

タレは、甘辛いタレですが、パクチーの刻んだのが入っていたので、使ってません。

タレを使わなくても、カオモッガイは、黄色いサフランライスが味付けされていますので、このままで十分美味しいです。

鶏肉がスライスされているので、通常のカオモッガイより食べやすく、美味しいかもしれません。

この店の味付けはとても美味しいですね

そして、ボリュームが多く、2人前位はありました。

これで、130円(40バーツ)は激安だな~って思いました。

画像でお伝えできないうえに、番長の食レポが酷いので伝わらないのが残念ですが、パタヤに行ったら、を1度、記念に食べて見てください。

場所

soiブッカオの南(ウォーキングの方)の終わりの交差点の角

火・金の市場を越えた先です。

ソンテウなら、ブッカオが終わり、大きな道路を曲がる前に下りてください。

ブッカオの終わりの左手の角です。

この角にくれば、この店しかないので、すぐに見つかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX