パタヤでレンタルバイクに乗るには自動2輪以上の国際免許が必要です。

パタヤでは、レンタルバイクを借りて乗っていた人も多いと思います。

本来はタイでバイクに乗るときは免許が必要です。

日本人の場合は国際免許が必要となります。

国際免許

国際免許が必要です

ここまでは皆さん知っていると思いますが、

パタヤでレンタルバイクに乗る際は、自動2輪の国際免許が必要となります。

まず、自動2輪の免許とは、バイクに乗る免許です。

タイのバイクは原付を少し大きくした感じですので、

皆さん原付バイク感覚で乗れてしまうので、普通に借りて乗っている人が多いです。

この乗る時ですが、運転するための免許が必要になります。

借りるときは、免許証があるなどチェックされないし、言われないので、平気なのか~って思ってしまいますよね。

なので、タイでリゾートで平気だ~と思うかもしれませんが、タイは最近は結構厳しいです。特にパタヤはここ数年の取り締まりは厳しいな~と実感します。

じゃあ、乗用車の国際免許証を日本で取得して持ってくれば平気なのかというと、今はダメです。

昔は、国際免許証を見せれば、中身もあまり確認しないで、いいよって通される事もありました。

最近のタイの警察は勉強したので、何の免許か確認します。

これは、何を見ているかというと、車の免許なのか、バイクの免許なのかということです。

国際免許証には、書いてあるんです。

顔写真の左横に、持っている免許と乗れる範囲の欄にハンコが押されています。

日本では、自動車の免許で、原付が乗れるよって思いますが、タイのレンタルバイクは、100ccいじょうですし、自動車の免許で原付が乗れるという優遇もありません。

なので、警察に停められて、免許証(ライセンス)を見せてと言われて、国際免許証を持っていると見せても、ダメです。

そこで切符が切られます。

パタヤの場合は、要所要所で検問が行われています。

検問で有名なのは、セントラルフェスティバルの海側と陸側の両方の入り口手前です。

セントラルフェスティバルに買い物に行った際に、バイクが止められているのを見たことがある人もいると思います。

セントラルフェスティバルの横がパタヤ警察署なので、検問しやすいのもありますね。

検問の時はバイクはみんな止められます。

あとは、ドルフィンロータリーの所ですね。

その他、抜き打ちで検問が増えていますので注意して下さい。

ちなみに、免許が無くて切符を切られた場合

バイクはそこで乗れなくなるので、パタヤ警察署まで罰金を払いに行きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする