【タイ語の勉強をする】タイのチャーハン(炒飯)をタイ語で注文!

タイに行ったら、1度はタイ語で注文したいですよね。

番長のタイ初心者のタイ語でタイ料理を注文する極意!

第1回 カオパット(タイ風の炒飯・チャーハン)

まずは、タイ風の焼き飯、いわゆる炒飯ですね。

タイ語では、カオパット

最後の 「ト」は、トと発音は発音はしません。

トは、心で発音というか、消えるような発音が通じやすいです。

なので、発音的には、「カオパッ」ですね。

注文では、カオパットの後に、好みの食材を付けます。

例)豚肉の炒飯なら

カオパット ムー (ムー 豚肉)

発音は、「カオパッ ムー」

選べる食材のタイ語

鶏肉 ガイ

豚肉 ムー

牛肉 ヌア

シーフード タレー

目玉焼きがトッピングで追加できます

目玉焼き カイダーオ

これで、タイ初心者でも、タイ料理が注文できます。

カオパットの食べ方

ついでに、カオパット(タイ風の炒飯)の食べ方です。

基本、好きな用に食べますよね。

でも、日本と少し違うところがあるので紹介しますね

写真を見て違いがありますよね

まず、ライムの半分に切ったもの

日本のチャーハンでは見ないですよね

タイの炒飯は、横に、ライムの小さいみたいなやつが着いてます。マナオという、タイ風のスダチです。

から揚げにレモンをかける人は、炒飯にもかけてみましょう!

同じ効果だと番長は思っています。

そして、キュウリの輪切り

これも日本のチャーハンでは見ないですよね

口直しなのか、キュウリを太くしたような野菜の切ったのもついてきます。

タイ料理は、実は油っぽいので、食間に食べると少し口がさっぱりします。

生野菜が心配な人は、注文した店の衛生度を考えて、食べてみましょう!

ねぎみたいなのは、コノ店の写真ではついてますが、あったりなかったり、かわりにパクチーが乗っていたりします。

個人的にはいらないですけどね

テーブルの端に、このような調味料が置いてあります

これは、ナンプラーというタイの醤油に、生唐辛子の輪切りが入っています

使い方は、カオパットの味付けが薄いと思ったら、使います

辛味がほしいときは、唐辛子を少し入れて食べます

タイの生唐辛子は、予想以上に激からですので、ほんの少し食べてから、増やしてくださいね

タイ料理がダメだという日本人も、この料理は日本人の口にあうので、おススメです。

ぜひ、1度はタイ語で注文してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする